眠れないのはパソコンやスマートフォンのせい?

このところ「寝つきが悪い」「眠りが浅い」など、睡眠の悩みを抱える人が増えています。

 

これは、睡眠の質が低下したことによる、軽い不眠症の可能性が考えられます。

 

睡眠の質が下がると、日中の仕事の作業効率が低下し、ストレスなど精神面にも大きな影響を与えるうえ、太りやすくなったり、寿命の長さにも影響すると言われています。

 

不眠の原因として、不規則な食事や生活スタイルに加えて、パソコンやスマートフォンなどの長時間使用による眼の疲れ、緊張、精神的疲労が挙げられます。

 

とくにLEDディスプレイが発するブルーライトに長時間さらされると、疲労ばかりでなく、体内時計の乱れを引き起こし、睡眠や健康に大きな影響を及ぼすことが考えられます。

 


↑↑↑購入・詳細はこちらから↑↑↑

 

睡眠の質を下げない方法は?

ブルーライトと睡眠の関係性について、現状はっきりとしたことはわかっていませんが、何らかの関係性があることは指摘されており、一例としてブルーライトをカットすることで良い睡眠を得られたという報告(実験結果
)もあります。

 

パソコンやスマートフォンは、生活を便利にしたりエンジョイするための優れたツールですが、一方で、心身のさまざまな不調を引き起こす要因にもなり得ます。

 

JINS PC
のようなブルーライトカットのメガネを「目と健康を守る」という目的で上手に活用することは、現代人の賢い知恵といってよいでしょう。

 


↑↑↑購入・詳細はこちらから↑↑↑