パソコン スマートフォン ゲーム機のブルーライト軽減させる対策で頭痛・体調不良から子供たちを守ろう!

LEDディスプレイから多く発生するブルーライト。

 

可視光線の中でもっともエネルギーが強く、網膜まで達して炎症反応を引き起こしたり、体内時計の働きを狂わせたり、頭痛(体調不良)がしたりすると言われています。

 

 

 

ブルーライトの光は蛍光灯、白色電球と比べ、光エネルギーが強い為、目は光の入る量を制限するために瞳孔を縮小ようとします。

 

瞳孔を縮小させる時に、目の筋肉が使われることから、目の疲れ、肩こりなどを生じ、頭痛が引き起こされます。。

 

さらに、ブルーライトを目にする時間が増え続ける(ブルーライトを発する電子機器の長時間使用)と、目の筋肉の疲労は蓄積され、

 

目や脳の疲労を生じ、頭痛が引き起こされため使用時間や頻度に注意して下さい。

 

 

 

LEDディスプレイは、タブレット端末、テレビ、スマートフォン、パソコン、携帯型ゲーム機にも多く採用されています。

 

タブレット端末、テレビ、スマートフォン、パソコン、携帯型ゲーム機を使う子供たちの目もブルーライトの影響を受けているので子供用メガネ「JINS(ジンズ) PC for KIDS」(各3990円)
で子供たちの目を守りましょう

 

 

↑↑↑詳細はこちらから↑↑↑

 

 

 

JIN's オンラインショップ

子どもの目も液晶のブルーライトから守ろう――JINS PC for kids

【ニュース:Business Media 誠 5月10日(木)17時28分配信】

 

LEDディスプレイから多く発生するブルーライト。

 

可視光線の中でもっともエネルギーが強く、網膜まで達して炎症反応を引き起こしたり、体内時計の働きを狂わせたりするという。

 

LEDディスプレイは、タブレット端末やテレビ、携帯型ゲーム機にも多く採用されており、それらを使う子どもたちの目もブルーライトの影響を受けていた。

 

また、アイウエアショップ「JINS
」は5月28日、新たに子ども向けに開発した、度なしの機能性アイウエア「JINS PC for kids
」を発売する。

 

全4色(ブラウン、ブルー、グリーン、レッド)で、価格は3990円。

 

使用するレンズは、既存のJINS PC
と同じイタリア・インターキャスト製レンズ「NXT」で、ブルーライトのカット率は約50%。

 

フレームは、超軽量弾力素材「TR-90」を用いるAirframeを採用する。

 

耳かけ(モダン)部分は、耳の形に合わせて自由に角度が調整できるメタル芯入りソフトラバー仕様、ノーズパットは顔の形に合わせて細かい調整ができるS字クリングス付きとなった。

 

JINSの子ども用フレームに、度付きのブルーライトカット機能付きレンズを装着できるレンズ交換サービスJINS PCカスタム
」も5月28日に取り扱い開始。

 

こちらは国内大手レンズメーカー製のレンズとなり、ブルーライトカット率は約45%。価格はフレーム料金+3990円だ。

 


↑↑↑購入・詳細はこちらから↑↑↑

 

透明な子どもの水晶体は強い光の影響を受けやすい

 

目の中でレンズの役割を果たす水晶体は、加齢とともに黄色く変化していく。

 

黄色は補色関係にある青い光を通しにくくするが、水晶体が透明なままの子どもはブルーライトを含む強い光の影響を受けやすい

 

調査会社のクロス・マーケティングによれば、全国の4歳〜12歳の児童のPC利用率は約8割に達する

 

PCの利用開始時期も平均6.7歳となっている。

 

このような背景を受けて、JINS PC for kids
は先進的なICT教育の導入する東京都杉並区立和田小学校の5年生と6年生に先行導入が決まった。

 

また、アイウエアとして初めて、日本PTA全国協議会の推薦商品にも認定された。

 

メガネ・サングラスのJIN's GLOBAL STANDARD 公式通販ショップ